株式会社はいやく

メニュー

セミナー研修

2019年6月1日(土)
『夏期インターンシップ開催のお知らせ』~虹色体験で輝く夏に 夢が見つかる5日間~


薬局に興味のない薬学生必見!?実施後アンケート毎年満足度100%の薬学生向け夏期インターンシップを今年も開催いたします。
日本全国の薬学生にご参加いただいているいる5日間のインターンシップ。はいやくの新人薬剤師が行う一連の業務を実際に体験できます。
受付~調剤業務はもちろん、患者さんの背景予想の考え方が学べる処方解析、疑義照会、CP入力、投薬ロールプレイングなど多彩な内容を長期実習前に体験できる絶好のチャンス!
ご参加いただく薬学生一人一人に、薬剤師一名が付いてマンツーマン指導。はいやく新入社員研修の一つ「オーベンネーベン」研修を体験していただけます。
 5日間のうち、4日間をメインの薬局で、1日は他の薬局も体験できますので、薬局毎の特徴も感じていただければと思います。
オンとオフを大切にする「静岡スタイル」のインターンシップ。 この機会にあなたもぜひ参加してみませんか?
  
★夏期インターンシップ日程~2019年~
   ▼A日程:7月29日(月)~8月02日(金)(満員 締め切り:6/13追記)
 ▼B日程:8月19日(月)~8月23日(金)
 ▼C日程:8月26日(月)~8月30日(金)
     ※希望者には+1日で土曜にサーフィン教室を開催。
     なお、A・B・C日程、それぞれ同じ内容を予定しております。 
 対象:薬学部3、4、5年生
 募集人員:各3名 
  ※応募者多数の場合は誠に申し訳ありませんがお断りする場合がありますのでご了承ください。
 開催地:静岡県(牧之原市、吉田町、掛川市、島田市他)
 応募受付開始:2019年6月3日(月)から
 応募締め切り:2019年7月8日(月)まで
 お申し込み:人事課インターンシップ担当までメール(宛先:saiyou-h@haiyaku.co.jp)へご連絡ください。
 メール件名は「インターンシップ参加希望」としてください。メール本文中には、氏名・大学名・学年・参加希望日程を明記してください。返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承くださいませ。
 備考:薬学生応援の気持ちを込めて、来社に伴う交通費・宿泊費は弊社で負担いたします。

2018年インターシップ参加者の声

2018夏期インターンシップ参加学生の皆さんからいただいた声をご紹介します。

■質問:インターンシップで良いと感じた事は?
・自分が「やりたい」と思っていることを伝えると、それが実現すること。
・新人研修でも行われるようなオーベン・ネーベン制度による指導や処方解析はとても勉強になりました。
・模擬投薬体験を行わせていただき、それに伴うフィードバックをしていただいたことも勉強になりました。
・薬局の雰囲気や薬剤師さんの考え方が伝わったこと。
・スタッフの気遣い。
・静岡の魅力を知れたこと。
・学生の要望になるべくそえるようにたくさん考慮してくれた。
・薬局業務で見たい、やりたいことを叶えてくれた。
・マンツーマン指導で丁寧に教えてくれたおかげで、処方解析を何一つ知らない自分がとても成長し、模擬投薬体験の実践まででき、とても嬉しかった。
・オーベンネーベン研修を体験できたこと。
・薬局の薬剤師さんは薬を渡しているだけではない!
・薬剤師さんはいい人ばかり、人事の方は面白い。静岡も満喫できる!
・薬局業務を一通り体験させてもらえたこと。
・指導薬剤師さんがついてくれるので安心できました。
・複数の薬局を見ることができる。
・わからないことがあっても、優しく1から丁寧に教えてくださる。
・管理栄養士さんの仕事や薬剤師の連携について知れる。
・現役薬剤師の仕事を身近で見学でき、OSCEやCBTの勉強になる。
・薬局の業務をほとんど行うことができて勉強するモチベーションがかなり持てた。
・いろんな薬剤師の方から話を聞くことができ、参考になることばかりでした。
・大学の授業では教えてもらえないこともたくさんあり、充実した5日間でした。
                                   
 
■質問:はいやくインターンシップをすすめたい相手、とその理由は?
・自分が将来どの様な薬剤師になりたいか(もしくは薬剤師になるとどの様な毎日を送ることになるのか)今一つ実感がわいていない、考えられない人へ。
私自身が、本インターンシップを通して「将来の薬剤師像」を考えられる様になったから。
・自分が所属していたサークルの後輩へ。マンツーマンの薬剤師さんによる指導、新人研修でも行うような処方解析をさせていただけること、はいやくの方々の雰囲気がとても良く、実習しやすいことなどを勧めたいです。とても勉強になり、いい薬局のイメージをもてると思うからです。
・薬局に興味のない薬学生へ。薬局(特に地域密着型)の良さが伝わる。患者さんと向き合う姿勢とか、薬剤師の存在意義がわかる。
・後輩、4回生へ。実習、OSCEの前に薬局の仕事をものすごく丁寧に教えてくれる。OSCEのアドバイス、心構えができる。
・後輩へ。薬局薬剤師に悪いイメージをもっている人。絶対イメージがかわる。高校生で薬学部志望の人。
丁寧に教えて下さるので勉強になるし、いろいろな体験ができるので。
・仲良くしている後輩や、友人へ。帰る頃には来る前の自分とは一味違うぞ!と思えるところ。
1~2日のインターンではできないことを体験できるので、学ぶことが豊富で吸収した知識がたくさんあるため。大学では学べないことばかりだから。
・同じ大学の後輩へ。薬学部での勉強は大変だけど、その頑張りが将来役に立つことを実感できて、モチベーションUPにつながる。
・同学年(3年生)へ。他の薬局では体験できないことをさせてもらえる。
・大学の友人へ。自分の大学は、ほとんど薬局のことを知らずに5年生の実習に入るので、その前に薬局でどんなことをしているか知ってほしい。

体験概要

~~~座学~~~ 
◎導入研修 
    ビジネスマナーと身だしなみ  
    調剤業務の流れと薬剤師の義務 
    守秘義務、個人情報について 
   
~~~現場体験(各薬局にて)5日間~~~ 
    ・処方せん受付(薬袋書き・薬歴出し) 
   処方せんの見方 受付監査のポイント 初回来局時の対応

 ・調剤過誤対策について 
       過誤防止対策   過誤発生時の対応 
 ・薬剤の拾い出し 
   錠剤・カプセル剤の拾い出し 
 ・散剤・水剤・軟膏剤の調製
   監査システム・分包機の使用方法 
 ・在庫関連業務 
          普通薬・劇薬・毒薬・向精神薬・麻薬の認識 
 ・コンピューター入力業務 
   保険の仕組みについて  調剤報酬算定全般について     
 ・投薬準備~投薬 
   処方解析(処方せんから疾患と程度を読み解く)  添付文書の読み取り方
  薬歴の活用と患者さんに合わせた指導 疑義照会のポイント、医師への情報提供

※体験内容は、都合により異なる場合がありますのでご了承ください。
 ご参加いただく方の学年によって研修内容が変更となる場合があります。
 
◆体験日程が合えば 
  在宅業務、お薬出張セミナー、薬剤師研修会、学校薬剤師業務など様々な機会に参加することができます!

◆サーフィン教室
 オンとオフを大切にするはいやくの「サーフィン教室」は希望者のみの実施です。
  教室は2~3時間で地元のサーフショップご協力のもと行います。
  地元の海で行いますが、初心者向けの場所で練習します。
  海に入った際は基本マンツーマンでサーファーがフォロー。男女問わず初めてでも波に乗れるようになる方がほとんどです。
  サーフボード、ウェットスーツはこちらでご用意しますので、日焼け止め、水着等はご持参ください。
 ぜひこの機会に「Catch a wave!」

さあ、次はあなたの番です。ぜひはいやくインターンシップへご参加ください!