社長からあなたへ

photo
社長からあなたへ

感謝の心を大切に、
地域で本当に必要とされる会社が、
私たちのの目指す「はいやく」の姿。

代表取締役社長 原 匡

はいやくとはどんな会社?

昭和57年この榛原の地で、医師会・歯科医師会・薬剤師会からなる三師会が発足しました。先生方の「本質的に水準の高い医療をしたいから」の言葉に応えるべく、昭和59年会営薬局として第1号店をスタート。それが当社の元になります。地理的には、静岡県中域に“ほどよい”規模で集まっているのが特徴です。出店エリアをある程度限定してきたのは、医療を提供する施設として当たり前ですが、会社としての質を保つことを大切にしたい想いからです。これが広域での飛び地展開になりますと、社員同士のコミュニケーションは不足しおのずと「質」の面での低下を招きやすく、本来の「会社存在理由」が薄れていくものです。医療提供施設としての公共性やリスク管理なども考えると、安易に拡大という方向には向かいませんでした。調剤薬局というのは不本意ながら病に罹ったときに来る機会が多い場所です。だからこそ余計に、わたしたちは患者さんに対して「質」を提供できる場所でありたい。お越しいただいたときには、少しでも元気になって帰ってもらえるような場所でありたいと考えています。当社では、月2程薬剤師や医療事務が「研修会」や自主的な「症例検討会」で顔を合わせてディスカッションする風土が出来あがっており、それが財産だと思うのです。そういう仲間同士がお互いに助け合い高め合うことが大事なのではないでしょうか。これからも「大きい会社」より「いい会社」を目指していきたいと思っております。

理想を実現するための環境整備

質の高いサービスを提供する基本前提としては、会社の財務内容が健全でなければなりません。また、福利厚生に配慮していないようでは、社内がギスギスしてしまいます。社員旅行や忘年会、新年会などの社内親睦やインフルエンザ予防ワクチン、人間ドック助成など、様々な福利厚生は大事な要素だと考えております。また、会社とは社会に存在させていただいているものだと思います。ですから地域社会への貢献、学校薬剤師、介護認定審査会など行政の仕事も積極的に関わっております。こういう仕事を経験することで、薬剤師としての幅も広がるんではないでしょうか。また万一の災害時、被災地への支援活動に無理なく取り組めるように、ボランティア休暇を整備いたしました。

はいやくの求める人材

本来進んで医療機関に行きたい人なんて居ないのではないでしょうか。みなさんそれぞれなんらかの事情を抱えていらっしゃっているわけです。そんな方に対する思いやりだとか、人の痛みに気付くことができる謙虚さを持った人にご縁があればと願っております。それは言い換えると、はいやくが求めるというよりも患者さんから求められる資質だと思うのです。専門職である薬剤師にとっては、知識と技能が求められるのは当然ですが、その土台として人としての感性が求められるのだと思います。
はいやくでは、①常に新しい知識・技能を吸収する意欲をもつ薬剤師。②地域社会に貢献することに意欲的な薬剤師 ③相手の話をきちんと聴きとれる、人の痛みに気づき、患者さんの為に工夫できる薬剤師を『3ツ星薬剤師』と定義して、日々活動しております。「人とのつながりの中で、仕事を通してより人に役立てるようになる」という研修ビジョンのもと、社内研修、出張セミナー、学会への参加など様々な成長するための環境の充実を図っております。

学生のみなさんへ

ご縁あった学生さんに相談を受けたりすることがあります。その際お伝えしているのは、まずはご自身が10年後社会の中で、どういう薬剤師でありたいのかと想像してみて下さいということです。就職活動中の皆さんにはいろんな選択肢があると思います。高額な給与など一見魅力的に映る様々な条件や環境があるかもしれません。そんな中で自分の将来像をイメージすることが、ご自身に合った選択に繋がるだろうと思います。
もうひとつは、仕事をしていくことの意味について。
私自身が働いていて一番良かったなと思うのは、「ありがとう」という言葉を受け取るときです。お金は大切なものですが、目的の全てではなく生活することの手段となります。仕事のモチベーション、生きていく原動力になるのは人との繋がりの中に自分の存在価値を感じるときだと思うのです。患者さんや仲間から感謝の言葉をいただく瞬間、それは自分の存在価値を最高に感じるときです。そんな実感を得られるような職場環境を選ぶことが重要なのではないでしょうか。
最後に、就職活動など忙しいかもしれませんが、若いころというのは貴重なときだと思います。美しいものに触れたり・体験したり、小説を読んだり感性を育むことも大切にしてほしいと願います。